グローバル人材と文化(2) 心のプログラミング

GREE にシェア
[`evernote` not found]

こんにちは!

「文化とマネジメント」のスペシャリスト、
itimインターナショナルが運営する
「グローバル人材研究所」のサイトへようこそ!

itimの加藤真佐子と宮森千嘉子です。

前回のブログで、
itimインターナショナルの理論のベースになっている
ホフステード教授について、ご紹介しました。

ホフステードは、文化を
「心のプログラミング」と定義しています。

人は、3つのレベルで
プログラミングされます。

文化3つのプログラミング

ひとつは、「人間性」。

ホモサピエンスとしてのプログラミング。
全人類に共通するもので、
人間の身体や基本的な精神の働きを決定しています。

そして、個人の遺伝子や、
経験や学習によってプログラミングされる
「パーソナリティ」の部分。

その中間にあるのが、「文化」です。
つまり、文化とは個人ではなく
集団的現象であり、
人は生まれたときから
その属している集団から
何らかのプログラミングをされ、
文化を学習していく、というわけです。

私たちは誰しも、
親や親戚、周りにいる大人、教師などから
ものの考え方や行動パターンを教えられ、
自然に身に着けていきます。

次回ブログでは、
グローバル人材のあなたに知っておいてもらいたい
「文化を構成する要素」とは何なのか、
さらに掘り下げてみたいと思います。

ぜひ、読んでくださいね!

GREE にシェア
[`evernote` not found]

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL