社名ならびに役員変更のお知らせ

GREE にシェア
[`evernote` not found]

いつも、イティムを応援いただき、ありがとうございます。

今年は、ホフステード博士の国民文化の研究に着手して、50年になります。
博士は元々、文化の専門家ではなく、IBMの人事マネジャーとして 従業員満足度調査を設計。役職、職制、ジェンダーなど様々なグループごとに結果を分析する過程で、国の違いに最も大きな差異があることを発見しました。それから人類学、社会学、心理学など全ての文献を深く調査研究した後に世界で初めて、国の文化をスコア化し、相対化しました。いわば、このモデルは、意図してつくったものではなく、セレンディピティから生まれたもの。以来半世紀、「世界をより良い場所にするために」88歳の今も研究を続ける博士の姿には、崇高さを感じます。

複雑化し、予測できない世界に、私たちは生きています。自分と違う世界に住んでいる人に思いを馳せ、自分との違いに気付き尊重するために。少しでも多くの方が、相互理解のツールとして文化を活用するために。グローバル化への揺り戻しと共に、各国の違いがより際立つようになった今日、ホフステード博士のインサイツがますます求められているように思います。

そこで、国民文化のモデル誕生50周年を機に、2017年9月1日、社名を「ホフステード・インサイツ・ジャパン」に変更します。同時に、経営体制を強化します。新体制の発足にあたり、私たちは何のために存在すべきなのか、ディスカッションを重ねました。新たなミッション「文化を活かして新たな価値を創り出す人と組織を支援する」ために、全力を尽くす所存です。

新しいロゴ、ビジュアルは世界同時に10月1日から使用いたします。
世界30カ国に同じ志を持つメンバーが100名おり、世界のどこでも同じ品質のサービスを提供することも、私達の強みだと考えております。

今後とも、皆さまのご支援を どうぞよろしくお願いいたします。

宮森千嘉子

—————————————-記——————————————-

新社名: ホフステード・インサイツ・ジャパン株式会社

ミッション: 「私たちは文化を活かして新たな価値を創り出す人と組織を支援します」

役員:会長  水野 茂
代表取締役 宮森 千嘉子
取締役   宮崎 百合子
取締役   渡辺 寧
取締役     間瀬 陽子
取締役     広崎 淳一

GREE にシェア
[`evernote` not found]

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL