オープンセミナー;ホフステード異文化理解 12月7日(木)

GREE にシェア
[`evernote` not found]

世界ではじめて、国別の文化的価値観を数値化し、国民性・異文化理解のパラダイムシフトをおこしたホフステードの「国民文化の6次元モデル」。目に見えない、無意識のうちに私たちに埋め込まれた価値観の違いを視覚化し、国境を超えたビジネスを行う際のバイブルとして、経営課題の開発や組織開発のツールとして、世界中の多くの企業で活用されています。異なる国の文化的価値観を知ることは、自国を深く知ることでもあり、今世界で起きていること、日本で起きていることを新たな視点で読み解くことに繋がります。

本セミナーでは、経営、ビジネスという文脈の中で捉える「文化」とグローバルビジネスに必要な「異文化理解」への新たな視点をご提供いたします。みなさまぜひ、お越しください。

お申込みはこちらから

オープンセミナー;ホフステード異文化理解

日時:2017年12月7日(木)
18:30 開場
19:00 セミナー開始
20:50 終了

会場:Hikarieカンファレンス 会議室C
アクセス http://www.hikarie.jp/conference/access.html

※渋谷駅直通の渋谷ヒカリエ 11F
アクセス http://www.hikarie.jp/access/index.html

参加費:無料

アジェンダ
1 文化とは何か
2 ホフステードの6次元モデルと日本

講師:宮森千嘉子
ホフステード・インサイツ グローバルマスタートレーナー /ホフステード・インサイツ・ジャパン代表取締役
サントリー広報部勤務後、HP、GEの日本法人で社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括し、組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。また50 カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様性のあるチームの持つポテンシャルと難しさを痛感。「組織と文化」を生涯のテーマとし、企業、教育機関の支援に取り組んでいる。英国、スペインを経て、現在米国イリノイ州シカゴ市在住。

異文化適応力診断(IRC) 及びCQ(Cultural Intelligence) 認定ファシリテータ、MPF社認定グローバル教育教材<文化の世界地図>(TM)インストラクター、地球村認定講師、デール・カーネギートレーナーコース終了。共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)がある。青山学院大学文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。

お申込みはこちらから

 

GREE にシェア
[`evernote` not found]

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL