Hofstede Insights Japan

お問い合わせ

ABOUT USホフステード・インサイツ・
ジャパンについて

ファシリテーターfacilitator

文化をフレームワーク化して
経営に活かす、文化とマネジメントの
専門家集団です。
経験を積んだプロフェッショナルであるだけでなく、文化を通じてビジネスを支援することに情熱を傾けており、
インテグリティ、オープンマインド、
多様性への感受性といった価値観を
共有しています。
少なくとも二つの言語に堪能で、
二つ以上の国での勤務/居住経験が求められ、
ホフステードセンターの厳しい訓練、審査を経て認定を受けています

  • 渡辺 寧

    渡辺 寧Hofstede Insights Japan 代表取締役 / シニアファシリテーター

    慶応義塾大学文学部/政策・メディア研究科卒業後、ソニー株式会社に入社。7年に渡り国内/海外マーケティングに従事。約3年の英国赴任を経てボストン・コンサルティング・グループに入社。メーカー、公共サービス、金融など、幅広い業界のプロジェクトに4年間従事。2014年に独立。プライベートではアシュタンガヨガに取り組み、ヨガインストラクターでもある。
  • 宮森 千嘉子

    宮森 千嘉子Hofstede Insights Japan ファウンダー

    サントリー広報部勤務後、HP、GEの日本法人で社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括し、組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。また50 カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様性のあるチームの持つポテンシャルと難しさを痛感。「組織と文化」を生涯のテーマとし、企業、教育機関の支援に取り組んでいる。

    英国、スペインを経て、現在米国イリノイ州シカゴ市在住。
    異文化適応力診断(IRC) , CQ(Cultural Intelligence) , GCI (Global Competencies Inventory), 及びImmunity to Change (ITC) 認定ファシリテータ、MPF社認定グローバル教育教材<文化の世界地図>(TM)インストラクター、地球村認定講師、デール・カーネギートレーナーコース終了。
    共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)がある。青山学院大学文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。

  • 廣崎 淳一

    廣崎 淳一シニアファシリテーター

    モトローラ勤務後、アクセンチュアでITコンサルティング、シスコシステムズで日本及び東南アジア担当CIO(情報担当役員)、マイクロソフトで情報システム統括などを歴任。多くのグローバルプロジェクトや、グローバル組織をリードするかたわら、文化が持つインパクトを身をもって体験した。組織の成功のためにダイバーシティとインクルージョン(D&I)の重要性に気づき、以降は、シスコとマイクロソフトにてD&I活動のスポンサーを務める。また、働き方改革についても、シスコとマイクロソフトでの体験を通じ、多くの講演経験を持つ。現在は次世代リーダーの育成と組織開発に力をいれ、スピーカー、ファシリテーターやコーチとしてクライアントの成長をサポートしている。

    テンプル大学経営学修士(Executive MBA)

  • 宮崎 百合子

    宮崎 百合子シニアファシリテーター

    日本企業にて基幹職として実務経験を積み、1996年、株式会社クレーネを設立、能力開発・組織開発コンサルティング活動へ。研修・コンサルティング歴は25年、100社以上。変革とダイバーシティに関するプロジェクトに多く関わらせて頂くが、常に組織の経営課題と合わせて取り組んでいる。米国アスペン研究所、The Association for Talent Development ,内観、等、幅広い研究所や学会への参加を通して、人間や社会と心から向合うべくチャレンジを続けている。

    学習院大学経済学部卒業、テンプル大学経営学修士(Executive MBA)
    NLPマスタープラクティショナー&NLPコーチ(NLP創始者ジョングリンダー認定)、Organization and Relationship System’s Coaching 認定コーチ、日本キャリア開発協会認定カウンセラー、英国ルミナラーニング社認定プラクティショナー、シックスセカンズEQプラクティショナー、他

  • 間瀬 陽子

    間瀬 陽子シニアファシリテーター

    日本企業のシステム・エンジニア、米系ビジネスソフトウエア企業のマーケティング担当を経て戦略コンサルティングファームに参画。経営者の視点で企業経営に関わる醍醐味を求めて、通信、消費財、ユティリティ業界のプロジェクトに従事。同米系ファームで7年半に及ぶ人事マネジメントを経て、現職。コミュニティを構成する「人」と「協働」をライフ・テーマに掲げ、多様な取り組みをリードしている。

    国際基督教大学教養学部卒業、ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール経営学修士(MBA)、Kellogg Club of Japanディレクター、武蔵野大学大学院言語文化研究科非常勤講師、MBTI認定ユーザー

  • MaryAnne Jorgensen

    MaryAnne Jorgensenシニアファシリテーター

    過去15年間、日本とアジアをベースにリーダーシップ開発、チーム・ビルディング、異文化マネジメント、効果的なプレゼンテーションの領域で、ファシリテーター&コーチとしてクライアントをサポートしている。東京でキャリアをスタート、アジア、欧州、北米との貿易に従事した後、グローバル人材育成会社に転職。自己認識とともに異文化への認識と理解を高めることが、ハイパフォーマンスを産み出す基盤であると気づき、多国籍企業がグローバル化推進に際し直面している課題解決に向けて取り組んでいる。
    スタンフォード大学 東アジア研究部卒業。

    MBTI とルミナスパークの認定プラクティショナー。女性のリーダーシップにも興味があり、アメリカ商工会議所のWomen in Business委員会共同委員長、FEW Kansai ( 働く外国人女性の会 ) 会長も務めている。

  • David Morley

    David Morleyシニアファシリテーター

    20年以上に渡り、様々なグローバル企業でリーダーシップ開発、組織開発、M&A 、文化のアラインメントを手がけた後、独立。自らの駐在経験と多国籍チームのマネジメント経験を活かし、現在はチェンジマネジメント、グローバルリーダーシップ育成を 専門に、米国、英国、オーストラリア、ランス、ポルトガル、南アフリカ、ルーマニア、日本、タイ、中国など世界各地の駐在員を対象にしたエグゼクティブコートングを提供。その組織を、コーチングとファシリテーションを通じて支援している。
    オーストラリア在住。
  • Andrew Robinson

    Andrew Robinsonシニアファシリテーター

    In the twenty-eight years Andrew Robinson has lived in Japan, he has worked in various areas — academics, business-executive training, teaching project management courses and most recently in information technology. In almost all cases, this work was with multicultural teams and in culturally diverse environments. At university in the United States, his dual majors were in Western Literature and History, with minors in Psychology, Sociology and Anthropology. Over his career in Japan he has worked in a variety of business environments, ranging from large multinational corporations to small start-ups.

    In addition to being certified as an Associate Partner by Hofstede Insights, Andrew has received training in other human capital methodologies like Lumina Learning, Human Synergistics and Organization and Relationship Systems Coaching (ORSC), as well as IT-related certifications in various cloud systems, DevOps, Agile workflow design and for Google and Apple systems administration.

  • Ralf van Haastregt

    Ralf van Haastregtシニアファシリテーター

    Vodafone、 IBM、Shellなどのグローバル企業で、通信/IT分野のシニアプロジェクトマネジャーとして、10年以上に渡り多国籍のバーチャルチームをリード、今日のプロジェクトマネジメントにおける「文化」のもつインパクトを深く理解し実践してきた。その経験を活かし、Hofstede Insightsではホフステードモデルとプロジェクトマネジメントの要諦を統合し、国境を超えたプロジェクトマネジメントにフォーカスを置いて活動、特にバーチャルリーダーシップに力を入れている。

    デルフト工科大学修士。日本での駐在経験を持つ。

  • 祖父江 玲奈

    祖父江 玲奈ファシリテーター

    中央大学総合政策学部卒業。アクセンチュアにて、組織戦略、組織設計、人材開発戦略を中心とするコンサルティング業務に従事。多くのインターナショナルプロジェクトに参画する。その後、日産自動車株式会社にて、女性のお客様をターゲットとした商品開発を担当。グローバル共通/地域固有でのお客様調査、また男女差の科学的分析に基づいて多くの提案を行い、商品を実現した。商品開発でのアイディア創出プロセスにおいて、論理的・俯瞰的視点による多面的分析力、また画像/ビジュアルイメージやプロトタイプを通じた複合的な情報収集(キュレーション)のプロセスが、新しい商品像を生み出すために非常に重要であることを発見。イノベーションを生み出すアイディア創出方法を構築中。

    青山学院大学ワークショップデザイナー講座 修了
    デンマークデザインスクール KaosPilot Creative Leadership course 修了
    シータヒーリング認定インストラクター/プラクティショナー

  • 山原 亭

    山原 亭ファシリテーター

    神戸大学(国際経済学)を卒業後、ロサンゼルス留学を経て1990年9月ソニーに入社。
    商品企画としてグローバルなヒット商品を創出した後、シンガポールに海外赴任しプロダクト・マネージャーとして各国のローカルメンバーとアジア全域の市場を開拓。その後、音楽配信サービスの新規事業立ち上げや、企画マーケティング部門の担当部長として電子書籍サービスのグローバル展開を推進。
    2014年にソニーから独立、現在はグローバル、リーダーシップ、イノベーションの3つを軸に、ビジネスコーチや研修講師として企業の管理職やリーダー職の人材育成を行っている。
    同時に早稲田大学の講師として、コーチングを活かした学生のリーダーシップ開発に従事。

    ライフワークとしてジャズピアノなどの音楽活動や、自然の中でのリトリートプログラムにも取り組んでいる。

  • 稲場 泰子

    稲場 泰子ファシリテーター

    外資系システム会社、外資系ネットベンチャー企業、アビーム コンサルティング株式会社CRM事業部マネージャーなどの経験を通じてマルチナショナルなチームでビジネスを推進する経験を蓄積。2005年から株式会社コーチ・エィに入社し、エグゼクティブコーチ、ビジネスコーチ、ファシリテーターとして、グローバル企業や国内大企業の組織開発プロジェクトに携わる。社内では国際コーチングサービスの構築・運営、医療やヘルスケア業界への新規事業展開等を実施。2011年より独立、組織風土・人財開発の分野でコンサルタント、エグゼクティブコーチ、ファシリテーターとして活躍。「人が自分の能力を最大限使えるようにする」ことをミッションとしている。

    東京外国語大学外国語学部英米語学科卒、イェール大学大学院国際関係論修士課程修了。
    ICF Professional Certified Coach (PCC)、財)生涯学習開発財団認定マスターコーチ、ルミナラーニング プラクティショナー、 “Immunity to Change”ファシリテーター/コーチ。

  • Bryan Peterson

    Bryan Petersonファシリテーター

    While living over 20 years in Japan, Bryan Peterson has provided training in cross-cultural communication and business skills to clients in the corporate, academic, and governmental spheres. He draws additional insight from the experience of starting two small businesses and having lived and worked in China.

    In his first university experience, Bryan earned a Bachelor of Arts degree with High Distinction, majoring in English, Psychology, and Philosophy. In 2011 he returned to the US and pursued two years of university courses in Chinese language and culture, earning an award for diligent study from the Confucius Institute along the way.

  • 横山 十祉子

    横山 十祉子組織文化シニアファシリテーター

    システムアウェアネスコンサルティング代表
    聖心女子大学文学部教育学科心理学専攻卒業。
    ポートランドプロセスワーク研究所ディプロマコース卒業。PWI認定プロセスワーカー。

    20数年前、数社の企業経験の中で組織活性化に対する課題に直面し、プロセスワーク/プロセス指向心理学に出会う。プログラム修了後、日本プロセスワークセンター教員/代表理事としてプロセスワークの日本普及に努めたのち、より多様で全体に開かれたシステム変容を目指して、学習する組織、U理論などの手法を取り入れ、プロセスワークの特徴のひとつである身体性を活かしながら組織、地域、人材の開発にフォーカスした手法としてシステムアウェアネスを開発。ホフステードモデルに出会い、組織/国民文化を取り入れてさらなる進化/深化を目指している。

  • 井上 奈緒

    井上 奈緒組織文化シニアファシリテーター

    東京大学大学院農学系研究科修士課程修了。
    1992年日本リーバB.Vに入社。マーケティングやコンシューマーインサイトで、日本、アジア地域、グローバルのプロジェクトに貢献 2004年 コーチングを始める。
    2008年プロコーチとして独立。その後コーチとして個人、組織の支援をしながら、The Leadership Circle (TLC) やTeam Diagnostic Assessment などの日本への導入を行う。また、リーダーシップや関係性をテーマに日本と他国の智慧を交流させるプログラムで国内外で講演 地球上のあらゆる存在の多様性がありのままに輝くことを願い個人やチームのリーダーシップの目覚めと成長を支援するためにコーチとして活動。日本で唯一のTLC認定ファカルティ。関係性コーチ育成のトレーナー(CRRのファカルティ)も務めた。

    国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)、CTI認定プロフェッショナルコーアクティブコーチ(CPCC)、CRR認定組織と関係性システムコーチ(ORSCC)、TLC認定プラクティショナー(TLCCP)、免疫マップ ファシリテーター、ホフステード組織文化 A プラクティショナー

メールマガジン登録