Hofstede Insights Japan

お問い合わせ

BOOKS書籍出版のお知らせ

2019.3.8発行

『経営戦略としての
異文化適応力
ホフステード6次元モデルの
実践的活用法』

宮森千嘉子 / 宮林隆吉 共著

国民文化・組織文化研究の世界的権威が生み出したフレームワークによる多様性マネジメントの実践書

組織心理学・人類学の教授で、「文化と経営の父」と呼ばれるヘールト・ホフステード博士が考案した「6次元モデル」は異文化間だけでなく、多様な国籍や性格の人材間コミュニケーションの問題を解決するフレームワークです。

本書では、職場でコミュニケーション問題を抱えている経営者・管理職の方を対象に、「ホフステードの6次元モデル」を用いながら、その対応策を紹介します。異なる文化圏の人たちと働くときに生じる様々なトラブルを解決するヒントが詰まっています。

Amazon購入ページへ ホフステードの国民文化6次元モデルとは

『経営戦略としての異文化適応力 ホフステード6次元モデルの実践的活用法』

著者メッセージ

異文化間の課題を解決するフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」の入門書を、出させていただくことになりました。宮林隆吉さんと一緒に、様々な想いを込めて書きました。

文化の違いを受け止め、対話に活かし、強みに変えていくホフステード先生のモデルは、一見わかりやすいようで、実は深い。その本質と深さをできるだけシンプルに、はじめて触れる方にもわかりやすく。日本人の視点から、異文化体験で抱えていたストレスや悩みがスルスルと紐解かれていくような“気づき“と”ヒント“をたくさん紹介しつつ、深く考えていただくテーマも入れ込み、異文化間のダイナミクスを日々体験されている方の実践活用ガイドとしてもお使いいただけるように。そんな想いを込めました。

多くの皆様に、お手にとって読んでいただけると嬉しいです。

Hofstede Insights Japan 代表取締役
 宮森 千嘉子

この本はこんな方々の為に
書かれています
(本書「はじめに」から)

  • 一度も海外経験がないのに、海外駐在が
    決まり途方に暮れている方
  • 会社のダイバーシティ経営の推進によって外国人部下を持つことになり、どうしてよいかわからない管理職の方
  • 上司が外国人に変わり、
    そのリーダーシップスタイルに困惑している方
  • M&Aに伴う組織の統合プロセスを
    どのように推進するかを考えている経営企画の方
  • 海外留学が決まり、
    喜びと不安を抱えている学生の方
  • 外国人労働者の増加に伴い、
    クラスに外国人の生徒を抱えている学校の先生