About Us

文化と経営

ホフステード博士
ホフステード博士

「文化は経営を支援する場合もあるが、多くの場合は経営の足を引っ張る“厄介者”であり、時に深刻な問題を引き起こす。文化のもたらす影響を理解せず、国境を越えたビジネスに取り組むのは、水に一度も触れたことがないのに泳げると錯覚することと同じだ。」

これは、オランダ・マーストリヒト大学名誉教授、ヘールト・ホフステード博士の警告です。経営学者、社会人類学者でもあるホフステード博士は、「文化と経営」の世界的権威として、国別の文化的価値観を世界で初めて数値化しました。2008年にはウォールストリートジャーナルより、世界で最も影響力のある経営学者20名に選ばれています。

item International は、ホフステード博士の研究をビジネスに応用し、最先端のツールを駆使したサービスを提供しています。1985年の創業以来、「文化とマネジメント」のパイオニアとして、数々のグローバル企業の競争力強化と発展に貢献しています。

80名以上のコンサルタントが、世界35カ国以上を結んでグローバルネットワークを構築しています。厳しい訓練と審査を経て認定されたコンサルタントが同じ品質のサービスを世界各国で提供しています。

会社概要

ホフステード・インサイツ・ジャパン株式会社
東京都港区南麻布3-20-1 麻布グリーンテラス5階
代表取締役 宮森千嘉子
お問い合わせ先 japan@itim.org

itim International
Arabiankatu 12, 00560 Helsinki, Finland
Managing Director: Egbert Schram
Contact: info@itim.org
http://www.hofstede.org

Hofstede Insights Japan のファシリテータ/コンサルタント

文化をフレームワーク化して経営に活かす、文化とマネジメントの専門家集団です。経験を積んだプロフェッショナルであるだけでなく、文化を通じてビジネスを支援することに情熱を傾けており、インテグリティ、オープンマインド、多様性への感受性といった価値観を共有しています。少なくとも二つの言語に堪能で、二つ以上の国での勤務/居住経験が求められ、ホフステードセンターの厳しい訓練、審査を経て認定を受けています。

 

水野 茂 Hofstede Insights Japan 会長

パナソニック社で販売・マーケティングや人材開発の職種でグローバルキャリアを構築。南米ベネズエラ、シンガポールや米国での勤務を通じ、多様性や異文化環境での会社経営や人材育成の難しさを経験する。Miguel Diversity Consulting社 CEO,日本人ビジネスマン向けに「プレゼン」「ミーティング」等のマネジメントスキル講座を米国人と共同開発、日英の掛け合いで講座を共同デリバリーする。企業やJICA傘下の人材開発向けマネジメント、人事戦略、動機づけ等の講師、コンサルタント。トリリンガル(日本語、英語、西語)明治大学商学部卒。

 

 

宮森千嘉子 Hofstede Insights Japan 代表取締役

サントリー広報部勤務後、HP、GEの日本法人で社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括し、組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。また50 カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様性のあるチームの持つポテンシャルと難しさを痛感。「組織と文化」を生涯のテーマとし、企業、教育機関の支援に取り組んでいる。英国、スペインを経て、現在米国イリノイ州エバンストン市在住。異文化適応力診断(IRC) 及びCQ(Cultural Intelligence) 認定ファシリテータ、MPF社認定グローバル教育教材<文化の世界地図>(TM)インストラクター、地球村認定講師、デール・カーネギートレーナーコース終了。共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)がある。青山学院大学文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。

 

宮崎百合子  Hofstede Insights Japan 取締役  /  シニアファシリテーター / 株式会社 クレーネ代表

日本企業にて基幹職として実務経験を積み、1996年、株式会社クレーネを設立、能力開発・組織開発コンサルティング活動へ。研修・コンサルティング歴は25年、100社以上。変革とダイバーシティに関するプロジェクトに多く関わらせて頂くが、常に組織の経営課題と合わせて取り組んでいる。米国アスペン研究所、The Association for Talent Development ,内観、等、幅広い研究所や学会への参加を通して、人間や社会と心から向合うべくチャレンジを続けている。学習院大学経済学部卒業、テンプル大学経営学修士(Executive MBA)、NLPマスタープラクティショナー&NLPコーチ(NLP創始者ジョングリンダー認定)、Organization and Relationship System’s Coaching 認定コーチ、日本キャリア開発協会認定カウンセラー、英国ルミナラーニング社認定プラクティショナー、シックスセカンズEQプラクティショナー、他

 

渡辺寧 Hofstede Insights Japan 取締役 / シニアファシリテーター / 株式会社かえる 代表取締役

慶応義塾大学文学部/政策・メディア研究科卒業後、ソニー株式会社に入社。7年に渡り国内/海外マーケティングに従事。約3年の英国赴任を経てボストン・コンサルティング・グループに入社。メーカー、公共サービス、金融など、幅広い業界のプロジェクトに4年間従事。2014年に独立。組織を「変える」、組織の中で新しいアイデアの卵が「孵る」支援を行う株式会社かえるで活動。

 

 

間瀬陽子 Hofstede Insights Japan 取締役 / シニアファシリテーター /  株式会社アークコミュニケーションズ取締役
日本企業のシステム・エンジニア、米系ビジネスソフトウエア企業のマーケティング担当を経て戦略コンサルティングファームに参画。経営者の視点で企業経営に関わる醍醐味を求めて、通信、消費財、ユティリティ業界のプロジェクトに従事。同米系ファームで7年半に及ぶ人事マネジメントを経て、現職。コミュニティを構成する「人」と「協働」をライフ・テーマに掲げ、多様な取り組みをリードしている。国際基督教大学教養学部卒業、ノースウェスタン大学ケロッグ・スクール経営学修士(MBA)、Kellogg Club of Japanディレクター、武蔵野大学大学院言語文化研究科非常勤講師、MBTI認定ユーザー

 

広崎淳一 Hofstede Insights Japan 取締役 / シニアファシリテーター 

モトローラ勤務後、アクセンチュアでITコンサルティング、シスコシステムズで日本及び東南アジア担当CIO(情報担当役員)、マイクロソフトで情報システム統括などを歴任。多くのグローバルプロジェクトや、グローバル組織をリードするかたわら、文化が持つインパクトを身をもって体験した。組織の成功のためにダイバーシティとインクルージョン(D&I)の重要性に気づき、以降は、シスコとマイクロソフトにてD&I活動のスポンサーを務める。また、働き方改革についても、シスコとマイクロソフトでの体験を通じ、多くの講演経験を持つ。現在は次世代リーダーの育成と組織開発に力をいれ、スピーカー、ファシリテーターやコーチとしてクライアントの成長をサポートしている。テンプル大学経営学修士(Executive MBA)

 

藤井真理 シニアコンサルタント

バイエル薬品で人材開発部長、QVCジャパンでトレーニング・組織開発ディレクターなど、欧州系米系のグローバル企業でタレントマネジメント・採用・人材開発・組織開発に20年以上従事。その傍ら、グロービス大阪校でヒューマンリソース マネジメント・組織行動学を12年教える。英ルミナラーニング社のルミナスパーク(R)、ルミナリーダー(R)認定プラクティショナー。ASTDジャパンにてタレントマネジメント委員会メンバー。米国コロンビア大学MBA、上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。

 

Hofstede Insights Japan コンサルタント Erika Visser

Erika Visser シニアファシリテーター 

南アフリカ出身。薬学及び人間心理学を専攻、バイオテクノロジー企業のレップから始まり、臨床試験研究の分野でキャリア構築を本格化する。地域研究(フィールドワーク)の専門家で、人材・組織開発を含めた様々な職種での20カ国以上のグローバルチーム・メンバーにメンタリングや教育訓練を提供する。働く人々の織りなす文化やそのユニークな世界に魅了される。DISC認定ファシリテータ。異文化チームビルディングやコミュニケーション、組織文化の開発に専門性を発揮する。ベトナム在住。

 

MaryAnne Jorgensen  シニアファシリテーター

過去15年間、日本とアジアをベースにリーダーシップ開発、チーム・ビルディング、異文化マネジメント、効果的なプレゼンテーションの領域で、ファシリテーター&コーチとしてクライアントをサポートしている。東京でキャリアをスタート、アジア、欧州、北米との貿易に従事した後、グローバル人材育成会社に転職。自己認識とともに異文化への認識と理解を高めることが、ハイパフォーマンスを産み出す基盤であると気づき、多国籍企業がグローバル化推進に際し直面している課題解決に向けて取り組んでいる。スタンフォード大学 東アジア研究部卒業。MBTI とルミナスパークの認定プラクティショナー。女性のリーダーシップにも興味があり、アメリカ商工会議所のWomen in Business委員会共同委員長、FEW Kansai ( 働く外国人女性の会 ) 会長も務めている。

 

ralfRalf van Haastregt シニアファシリテーター

Vodafone、 IBM、Shellなどのグローバル企業で、通信/IT分野のシニアプロジェクトマネジャーとして、10年以上に渡り多国籍のバーチャルチームをリード、今日のプロジェクトマネジメントにおける「文化」のもつインパクトを深く理解し実践してきた。その経験を活かし、itimではホフステードモデルとプロジェクトマネジメントの要諦を統合し、国境を超えたプロジェクトマネジメントにフォーカスを置いて活動、特にバーチャルリーダーシップに力を入れている。デルフト工科大学修士。日本での駐在経験を持つ。

 

Hofstede Insights Japan シニアコンサルタント David MorleyDavid Morley シニアファシリテーター 

20年以上に渡り、様々なグローバル企業でリーダーシップ開発、組織開発、M&A 、文化のアラインメントを手がけた後、独立。自らの駐在経験と多国籍チームのマネジメント経験を活かし、現在はチェンジマネジメント、グローバルリーダーシップ育成を  専門に、米国、英国、オーストラリア、ランス、ポルトガル、南アフリカ、ルーマニア、日本、タイ、中国など世界各地の駐在員を対象にしたエグゼクティブコートングを提供。とその組織を、コーチングとファシリテーションを通じて支援している。オーストラリア在住。