Hofstede Insights Japan

お問い合わせ

BLOGブログ

Never say never, never say always

2016.04.09 宮森 千嘉子
Never say never, never say always

Never say never, never say always

こんにちは、itimの宮森です。

「文化とマネジメント」をテーマにしてから、自分に課していることがあります。

それは、決してJudgemental にならないこと。「決めつけない」という訳が最も適しているでしょうか。

日本で生まれ育ち、30代後半で初めて外国暮らしを体験したわたしには、本質を理解するまでに時間のかかった単語のひとつです。

あれは、大学院でのグループワークの時間でした。英国人の仲間は余計なことや意味のないことに時間を使って、議論のための議論に終始しているように、わたしには見えました。締め切り時間も迫っていたので、「もう時間がないからサマリーしようよ。今Aの言ってたことはこうで、BとCはこういう意見だから、双方のいいところを取ると・・・」や声をかけたのです。その途端、他の仲間(全員英国人)から、You re so judgementa!!の声があがりました。アングロサクソンの文化では、自分の意見をはっきりと持つことが大前提で、異なる意見を戦わせる中から、さらにベターな結果が出ると信じています。一方わたしは、締め切りに間に合わせるためにサマリーに入った。それは彼らから見ると、わたしが彼らの意見を「決めつけ」、意見を戦わせる機会を奪ったことに他なりませんでした。自分が何か悪いことをしたとはとても思えなかったわたしは、強烈な主張を戦わせるグループワークに疲れ果て、最後にはそこから脱落してしまいました。

この強烈な体験から”not be judgemental” と、自分の意見を持ち強く主張することの違い, constructive criticismとは何かを徐々に学んでいったように思います。その後、東南アジアや東欧でプロジェクトをマネジメントした時には、会議で強く主張したら今度は返って総スカンをくらい、作戦を変えて「聞く力、サマリーする力」を前面に出してみたら、チームメンバーから高い評価をもらったこともあります。こうしてわたしは、議論の仕方、仕事の進め方には様々な好みがあり、それは個人の傾向だけではなく、国の文化的価値観の違いが大きく影響することを、傷つき涙を流しながら学んでいったように思います。

文化に正解はないので、傾向を推し量ることはできても、最終的に何が起きているかは、コンテクストを充分に配慮する。決めつけず、何が起こってもNever say never, never say alwaysと、今日も自分に言い聞かせています。

 


WRITER

宮森 千嘉子

Hofstede Insights Japan
代表取締役
マスターファシリテーター

サントリー広報部勤務後、HP、GEの日本法人で社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括し、組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。また50 カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様性のあるチームの持つポテンシャルと難しさを痛感。「組織と文化」を生涯のテーマとし、企業、教育機関の支援に取り組んでいる。英国、スペインを経て、現在米国イリノイ州シカゴ市在住。異文化適応力診断(IRC) , CQ(Cultural Intelligence) , GCI (Global Competencies Inventory), 及びImmunity to Change (ITC) 認定ファシリテータ、MPF社認定グローバル教育教材<文化の世界地図>(TM)インストラクター、地球村認定講師、デール・カーネギートレーナーコース終了。共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)がある。青山学院大学文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。

MAIL MAGAZINE

文化に関する役立つ情報をメールマガジンで配信しています。お気軽にお申し込みください。

登録はこちらから