Hofstede Insights Japan

お問い合わせ

BLOGブログ

異文化理解のフレームワーク「ホフステードの6次元モデル」(1)パワーの使い方:権力格差

2019.09.12 宮森 千嘉子

異文化理解のフレームワーク
「ホフステードの6次元モデル」

Vol.1
パワーの使い方 : 権力格差

文化の次元とは、他の文化と比較したときに相対的にとらえることができるもの。
ホフステードは、ある国で生まれ育った人々の物事の選好が、国ごとにどう異なるかを6つの次元(切り口)に体系化し、目で見ることのできない文化的価値観の違いを説明します。

国を超えてビジネスをドライブし、意思決定していくには、相手に合わせたパワーの使い方が求められます。それを教えてくれるのが権力格差という次元です。

富、権力、身体的能力、知的能力。この世のありとあらゆるパワーの分配は、不平等です。人間であれば誰でも、それを知っています。でもその現実にどう向きあうのかは、国によって異なります。ホフステードはそれを「権力格差;それぞれの国の制度や組織において、権力の弱い成員が、権力が不平等に分布している状態を予測し、受け入れている程度」と定義しました。

権力格差は、パワーの弱い人の価値に基づいています。子供(家庭)、生徒(学校)、部下(組織)など、パワーを持たない人たちが、親、教師、上司など、権力を持っている人たちとの間に横たわる不平等、距離を、どう受け止めるのか。それは、国によって異なります。

日本は、このスコアが世界の中でも真ん中です。アジア地域では最も権力格差の小さい国であり、日本より権力格差が小さいのは、米国、英国などのアングロサクソン諸国、ドイツ、北欧諸国とイスラエルです。

世界のスコア 権力格差

権力格差の小さい国では、「影響力」が鍵

スコア0−45の国は、パワーの不平等はできる限り、ないほうが良い、と考えます。こうした国で有効なパワーは、「影響力」。
上下の関係は存在しますが、それは目的を果たすために必要な、便宜的なもの。上司や教師、親など、年齢や社会的ランクが上だからといって、人間的に優れていなければならないとは考えません。
こうした国では、人々をやる気にさせる「影響力」が成功の鍵になると考えられます。

権力格差の小さい国の特徴
  • 人々の間の不平等は最小限にすべきであり、人はみな平等な権利を持つべきです。
  • 親は子供を、子供は親を平等な存在として扱っています。
  • 教師は生徒を、生徒は教師を平等な存在として扱っています。
  • 教師は生徒が自発的にふるまうことを期待しています。
  • 学習の質は、教師と学生との間のコミュニケーションと、生徒の優秀さによって決まります。
  • 患者は医者を平等な存在として扱っており、積極的に情報を提供します。
権力格差の小さい国

イスラエル、北欧諸国、アングロサクソン諸国(英国、ニュージーランド、カナダ、米国)、ドイツなど。

権力格差の大きい国では、「社会的権威」を使いこなす

スコア55−100、権力格差の大きい国では、パワーの不平等は、当然のこととして受け入れられています。
上下関係があるのは「当たり前」、社会的ランクの高い人と、そうでない人は平等ではありません。上司、教師、政治家などのパワーホルダーは、人間としても優れているべきと受け止められます。最良な方法や正しい回答を知っていると期待されます。
こうした国では、自分に与えられた「社会的権威」を使いこなす力が、成功の鍵になります。

権力格差の大きい国の特徴
  • 人々の間に不平等があることは予測されているし、望まれています。
  • 親は子供に従順さを教えます。親や年長の親族に対して敬意を払うことは、一生に渡って続く基本的美徳です。
  • 生徒は教師に敬意を払います。
  • 教師は教室で全主導権をとることが期待されています。
  • 学習の質は、教師の優秀さによって決まります。
  • 患者は医者を目上の人として扱っており、診療は短く、医者が主導権を握っています。
権力格差の大きい国

東南アジア諸国、中国、インド、ロシア、東欧諸国、中南米諸国、中東諸国、アフリカ諸国、フランス、ポルトガル、ギリシアなど。

公開講座のご案内

ホフステード6次元モデルを使った異文化マネジメント研修

海外赴任される方々、国内において海外ビジネスに関わる方々、外国人部下/上司と仕事をされる方々におすすめしたい異文化対応力強化プログラムです

公開講座無料体験会


WRITER

宮森 千嘉子

Hofstede Insights Japan
代表取締役
マスターファシリテーター

サントリー広報部勤務後、HP、GEの日本法人で社内外に対するコミュニケーションとパブリック・アフェアーズを統括し、組織文化の持つビジネスへのインパクトを熟知する。また50 カ国を超える国籍のメンバーとプロジェクトを推進する中で、多様性のあるチームの持つポテンシャルと難しさを痛感。「組織と文化」を生涯のテーマとし、企業、教育機関の支援に取り組んでいる。英国、スペインを経て、現在米国イリノイ州シカゴ市在住。異文化適応力診断(IRC) , CQ(Cultural Intelligence) , GCI (Global Competencies Inventory), 及びImmunity to Change (ITC) 認定ファシリテータ、MPF社認定グローバル教育教材<文化の世界地図>(TM)インストラクター、地球村認定講師、デール・カーネギートレーナーコース終了。共著に「個を活かすダイバーシティ戦略」(ファーストプレス)がある。青山学院大学文学部フランス文学科、英国 アシュリッシビジネススクール(MBA)卒。

MAIL MAGAZINE

文化に関する役立つ情報をメールマガジンで配信しています。お気軽にお申し込みください。

登録はこちらから